ローラー台の種類と選び方 〜3本ローラーか固定ローラーか?〜

ローラー台の種類と選び方 〜3本ローラーか固定ローラーか?〜

ここではローラー台の種類と特徴を紹介していきます。
はじめてのローラー台選びの参考にしてください!

ローラー台は大きく分けて2種類

  • 3本ローラー
  • 固定式ローラー

この2タイプがあります。
さらに固定式の中で「リムドライブ式」「タイヤドライブ式」があるといった感じです。
ここでは主流の「3本ローラー」「リムドライブ式」「タイヤドライブ式」の3タイプのメリットとデメリットについて紹介していきます!

3本ローラー

メリット デメリット
実走感が高い
スキルの向上に役立つ
デカい
重い
コケる

自転車は固定されず、ローラーの上をバランスを取りながら走ります。そのため、3本ローラーは最初は乗ること自体が少し難易度が高く、練習が必要になります。ローラー台自体のサイズも大きく、重く、場所を取ります。そして何よりコケる可能性があることがデメリット。

高性能のものであればローラー台に負荷をかけられるものもありますが、他のローラー台と比べると高い負荷がかけられません。また、転倒の恐れがあるため集中して取り組む必要があります。

実走感は3タイプの中で一番高いですが、その分難易度も高いです。トレーニングよりもどちらかというとスキルを向上させるのに向いているローラー台です。

リムドライブ式

メリット デメリット
タイヤが減らない
空気圧が関係ない
スリップ感が高い
種類が少ない

いわゆる固定式ローラーで自転車を固定し、ホイールのリムをはさみ負荷を調整します。このタイプはタイヤを選ばないため、どのタイヤ(ロードバイク・MTBなど)でも使うことができます。ただし、高速域でのスリップ感が高いため負荷調整できないローラー台の場合は本格的なトレーニングにはあまり向いていません。また、固定式はどちらかと言えばタイヤドライブ式が主流なためあまり種類がないのもデメリットです。

タイヤドライブ式

メリット デメリット
扱いやすい
種類が多い
安定性が高い
タイヤが減る

いわゆる固定式ローラーで自転車を固定し、タイヤを押さえるように負荷をかけます。そのため、タイヤの摩耗は他の2タイプよりも高いですが、3タイプの中で最も使いやすいローラー台で、1台目のローラー台を選ぶならタイヤドライブ式を選ぶのが無難です。ローラー台メインで乗る場合は専用のタイヤを用意するのが良いですが、平日や雨の日だけということであれば、練習用のタイヤをそのまま使うのがおすすめです。

おすすめは固定ローラーのタイヤドライブ式

自転車ダイエットを目的して最初の1台として選ぶなら固定ローラーのタイヤドライブ式がおすすめです。
ということで、もう少しタイヤドライブ式を掘り下げていきます。

「タイヤドライブ式」のローラー台は、自転車の取り付け方法が簡単(後輪をハブで固定するだけ)で、初心者から上級者まで誰にでも扱いやすいのが特徴です。
構造も非常にシンプルで、「フレーム」「負荷装置」「ハブハンドル」の3つで構成されています。
折り畳めるものが多く、コンパクトに収納できるため、室内でのトレーニングやレース・イベントのウォーミングアップに使う人も多いです。

フレーム

固定式 自重式
ハブを固定した後で、負荷装置をタイヤに押し付けるタイプ。
タイヤと負荷装置の圧の調整が必要ですが(初回のみ)負荷の安定性が高いです。ただし、タイヤへの負担が大きく、摩耗も大きい。
ハブを固定し、フレームの角度を変えて負荷装置とタイヤを押し付けるため、タイヤの大きさに関係なく使用できます。自分の体重が負荷になるため自然な圧を保ち、タイヤの摩耗も少ないです。固定式より実走に近い感覚でトレーニングを行えます。

固定式はタイヤと負荷装置がしっかり固定されており、高い負荷をかけられる物が多いです。自重式は負荷の調整ができないものも多く、本格的にトレーニングに励みたい人には不向きです。

負荷装置

マグネット式 フルード式
相対する磁石の円盤を少しズラして(または距離を変えて)負荷を調整します。そのため、負荷の調整が細かく設定できるのが大きなメリットです。ただし、磁石の磁場を利用して負荷を与えているので、高速で回転するとそのスピードに磁場が対応できず負荷が効きにくくなり、実走感が低くなることがあります。 密閉した容器に粘度の高いオイルが入っており、その中を物体が回転し、オイルが剝がれる粘性により負荷を調整します。滑らかな負荷調整が特徴ですが、自分で細かい負荷を設定することができないため、一定の負荷しかかけることができません。また、オイルなので長時間使用すると温度が上がり、粘性は低下するため、負荷が下がり実走感も低下します。
フルードタイプは1時間も使用すれば、触ると火傷するくらい高温になりますので取り扱いには注意してください。
また、稀に容器が破損し、中のオイルが漏れるケースもあります。漏れた場合は修理、ローラー台の交換が必要になります。現に私自身一度フルードタイプのローラー台でオイル漏れを経験しています。

タイヤドライブ式の負荷装置にはマグネット式とフルード式があります。
それぞれに実走感や負荷調整の面で特性があります。自分のトレーニングに合わせてローラー台を選びましょう!
私はマグネット式もフルード式も使ったことがありますが、マグネット式の高速域での負荷、フルード式の長時間(1時間以上)使用でも負荷が極端に軽くなるようなことはありませんでした。

ハブハンドル

クイック式 ネジ式
はじめに簡単な設定をすればそれ以降はレバーを下ろすだけの簡単なタイプ。 ネジをクルクル回して締めるタイプ。クイック式より一手間がかかります。

自転車とローラー台を設置する機構です。
1人で使う分には1度調整したらその後調整のいらない1発で締めるタイプの方がラクです。

このページの先頭へ