自転車通勤に最適な距離と時間

自転車通勤に最適な距離と時間

自転車通勤を始めよう!
と思ってみたものの、自転車通勤には適さない程に遠い距離だと途中で挫折してしまいかねません。

自転車通勤を始めようと考えたときに気になる点として距離と時間があります。
どれくらいの距離が自転車通勤に適しているのかをみていきましょう。

自転車通勤の適正距離は?

自転車通勤を行う人の体力や自転車の種類によっても違いはありますが、おおよそ1時間以内に到着できる距離が基準になります。
つまり、自転車の平均速度が20㎞/hとした場合、20km圏内が通勤圏内と考えるといいでしょう。
実際は平坦メイン、スポーツバイクで走れば25km/hくらいはいけますが、信号ストップなども考慮すると1時間20kmくらいが妥当です。
自転車通勤1時間以上はかなり上級者レベルとも言えます。

  • 5km程であれば全く運動していない人でも楽に通える範囲
  • 10km〜20kmがある意味本格的な自転車通勤

と言えるのではないかと思います。

ダイエット目的の自転車通勤であれば10km以上がおすすめです。

通勤時間がかかりすぎるのは仕事に影響が出る可能性もありますし、何より続けること自体が難しくなる可能性があります。自転車通勤を楽しく快適に続ける為にも、20km、1時間以内を一つの基準として考えると良いでしょう。
もちろん普段から運動している方や自転車に乗っている方であれば20km以上でも問題ないと思います。

初心者は15km以内がベスト

全くの初心者であれば片道15km、往復で30kmくらいから始めると良いと思います。

これよりも短ければその分楽なので気軽に始められると思います。
逆に遠い場合はちょっと気合い入れて始める必要があるかと思います。

また、10kmを越えるような距離になると毎日ママチャリは正直しんどいと思います。
快適性、楽しさという意味でもスポーツバイクがおすすめです。

ちなみに一日往復30km走るのを月に20日続ければ月間600kmです。
これは自転車乗りの中でもそこそこ乗っている部類に当てはまります。

ダイエットという面で言ってもかなり効果が高くあっという間に痩せられるはずです。
また、ダイエットはもちろんのこと体力も付きますので、レースやイベント参加でも良い結果が残せるようになるかもしれません。ダイエットや通勤目的から自転車を始め、趣味になっていく人も多いので自転車通勤に慣れてきたら、レースやイベントへの参戦もおすすめです。

このように通勤以外にも楽しみを見いだせるようになると続けやすくなります。
また、通勤時間をいかに有効に使えるかも自転車通勤を継続していく意味では非常に重要です。

以下の方法は、私がトレーニング時などによく使う方法ですが、通勤時間にも応用できます。
通勤時間を勉強に当てることができるので参考にしてみてください。
通勤時間を勉強時間に変える方法

このページの先頭へ