自転車通勤が辛く感じたときは・・・

自転車通勤が辛く感じたときは・・・

通勤距離が長かったり、暑い日や寒い日が続くと、辛さを感じてくる人も多いです。
最初のうちの体力的な辛さは、自転車をスポーツバイクに変えてみることで楽になることがあります。

また、最初のうちは長距離を走ることに慣れていないものなので、続けて行くうちに体力もつき体が慣れてきます。
継続は必ず力になるので、最初の辛い時期を乗り越えれば楽しくなってくるものです。
ただ、それでも辛い日はあるので、そんなときは日常の自転車通勤の中に工夫を加えてみましょう。

自転車通勤を挫折しないコツ

日記をつけてみる

ダイエットブログ(日記)を書こう!」でも書いていますが、通勤日記やトレーニング日記を書いていくのは自転車、自転車通勤を楽しむコツです。無料のブログサービスも多くあるので利用してみるといいでしょう。

自転車通勤をして感じたことや見つけたもの、自転車通勤中に起きた出来事、通勤にかかった時間など何でもいいので書き留めていくと後から振り返ることもでき、面白くなってくるものです。
ブログを書くようになれば同じ様に趣味で自転車に乗っている人や自転車通勤をしている人達とも交流の機会ができるかもしれません。

写真を撮る

通勤時に出会った風景や花、空など美しいものや思わずクスッと笑ってしまうような面白いものを発見したときに写真に収めてみましょう。
例えば、上でも紹介しているブログを書いていれば写真付きでブログで紹介するのも面白いです。
自分が書いた日記や写真が他の人に興味を持ってもらえれば、そこから人と人との繋がりが生まれることもあります。

自転車のメンテナンスをしてみる

自転車通勤では突然思いがけないことが起きたりします。
大がかりなメンテナンスは初心者には難しいこともありますが、パンク修理やサドル調整などは自分でできるようになっておくといざというとき役に立ちます。
また、自転車が重いなぁと感じたときなどにチェーンやパーツにオイルを差すことで走りが滑らかになることもあります。
自転車のメンテナンスに関しては写真つきで本が売られています。
自分でメンテナンスができるようになれば乗っていても楽しいものです。
メンテナンスの本などを参考にしながら自分で自転車の整備ができるように頑張ってみましょう。

目標を持つ

  • 自転車ダイエットで-5kgを目指す
  • 自転車通勤をトレーニングとして利用し、レース上位を目指す
  • 〇〇峠のタイムを1分縮める

など目標を持って自転車通勤に取り組むと続けやすくなります。

自転車ならではの楽しみを考える

自転車の楽しさは道草にもあります。

小さな花を見つけてふと立ち止まったり、何気なく入った脇道で面白い場所を見つけたり・・・。
車が渋滞にハマっているときに自転車で颯爽と追い越す感覚は自転車でなければ味わうことができません。
こういった自転車でしか味わえない楽しみを見つけると自転車に乗るのが楽しくなってくるものです。
少しずつ工夫を取り入れて、自転車通勤が楽しくなるようにしてください。

たまには休んでみる

辛さを感じたときに無理矢理続けるのは体力的にも精神的にも辛いです。
そんなときは一度自転車から離れてみるのも一つだと思います。
ちょっと休んで自動車通勤に変えてみたり、電車通勤に変えてみたり、また乗りたくなったときに乗るようにすれば良いと思います。自転車とうまく付き合っていくのも続けるコツです。

このページの先頭へ