自転車通勤の汗対策

自転車通勤の汗対策

自転車通勤で最も頭を悩ますのが汗です。
自転車は全身運動なので、夏はもちろん、距離によっては冬でも、会社に着く頃には汗だくになってしまうこともあります。かいた汗を放っておき汗臭いまま仕事をするわけにはいきません。

では、汗対策はどうすればいいのか?

会社の規則にもよりますが、
私服で通勤し更衣室で会社の制服に着替える場合には、着替え用のシャツを用意しておくといいでしょう。
通勤した服でそのまま仕事をする場合は、スーツなら速乾性のある素材の製品を選ぶと汗をかいてもすぐに乾きます。また、私服で通勤・勤務が許されている場合は、私服をもう一枚用意しておくと便利です。
会社にシャワー室がある場合は、早めに出勤して勤務前にシャワーを浴びるのもいいでしょう。

通勤に使った服で仕事をする場合は、汗で汚れていたり、臭いも気になります。
なるべくデオドラント系のスプレーを携帯しておきたいところです。
また、衣類用の消臭スプレーも小分けにして持ち歩くと、汗の臭いを軽減させることができます。

女性の場合は汗をかくと化粧が崩れる場合もあるので、夏場などは特に化粧は会社で行うのが二度手間にならずに楽です。最近は汗に強い化粧品もたくさん出ていますが、汗に強い商品でも夏の自転車通勤では崩れてしまうことが多いようです。

汗対策をしっかり考えておくのも自転車通勤の大切な要素です。

このページの先頭へ