【エアロバイク】サイクルツイスタースリムについて

【エアロバイク】サイクルツイスタースリムについて

サイクルツイスタースリムは、ウォーキングの3倍以上のカロリーを消費ができると言われる、脂肪燃焼効果の高いちょっと変わったエアロバイクです。
ダイエット目的でエアロバイクを購入する人の間で最も人気の高い、売れている商品です。

サイクルツイスタースリムはエアロバイク?

エアロバイクと言えば、自転車のようにサドルに座り、ペダルを回すものですが、このサイクルツイスタースリムはエアロバイクの運動に腕を使う動作も加わります。

上半身はハンドルを左右交互に前後に動かすローリング運動、下半身は通常のエアロバイク同様、自転車運動を行います。
このローリング運動と自転車運動の連携によって、ツイスト運動と呼ばれる腰をひねる運動を発生させ、全身運動を可能としています。

ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツバイクの全身運動とは違いますが、意識的に全身を動かしながら運動のできるエアロバイクです。
通常のエアロバイクとはかなりタイプが違いますが、全身運動が可能なため高い脂肪燃焼効果を期待できます。
短時間で高い脂肪燃焼効果が期待でき、腰もくびれると評判のエアロバイクです。

自転車を使ったダイエットがおすすめなのは全身運動ができるからです。
そういう意味では普通のエアロバイクや自転車とはタイプが違いますが、全身運動が可能なサイクルツイスタースリムはおすすめです。

価格も実に魅力的で、本体価格だけなら2万円以下で購入できます。
本格的にエアロバイクでダイエットに取り組もうという方には、エアロバイクの消耗品であるテンションベルトが3本付いたセットもありますが、こちらも23,400円とお買い得です。
エアロバイクで本気で痩せてみようと考えている人にはおすすめの商品です。

デメリット

  • ながら運動が難しい
  • 騒音性が少し高め(他のエアロバイクと比べ)

ながら運動が難しい

サイクルツイスタースリムはハンドルとペダルユニットが連結されているため、腕を使わない運動をする場合、下半身への負荷が大きくなります。
本を読みながらなどの運動もできないことはないですが、連結されているためハンドルは常に動くので少し邪魔臭く感じる場合もあります。
ながら運動が全くできないというわけではありませんが、普通のエアロバイクと比べ少し難しいかもしれません。
この何かをしながらでも運動できるというのは長期的に見ると続ける意味で結構重要な要素になってくるのでこの辺りのデメリットを考えつつエアロバイクを選ぶと良いでしょう。

騒音性が少し高め

負荷ユニットがむき出しになっているため、少し騒音は大きいかもしれません。

このページの先頭へ