自転車通勤を始めるには

自転車通勤を始めるには

自転車通勤を始めようと思いたったからといって、次の日からすぐ通勤できるというわけにはいきません。
事前にいくつか準備や確認しておきたいことがあります。

自転車通勤を始めるまでのステップ

自宅から会社までの道順や距離、所要時間を確かめる

休日などを利用して、自宅から会社までの自転車通勤の道順や所要時間などを確認しておきましょう。
まだ通勤用の自転車を持っていない場合はママチャリでも良いので確かめておきましょう。
車では通れなかった道が通れたり、自転車で通るには危険な道があれば違うルートを選択する必要も出てきます。
ママチャリで時間を計算しておけば、スポーツバイクに乗り換えたときに時間にゆとりが持てるようになります。

会社が自転車通勤を認めているかを確認

会社によっては自転車通勤を認めていないところもあります。
自転車を買ったものの通勤に使えないでは意味がありません。
勤めている会社が自転車通勤を認めているかを確認しておきましょう。
認められていた場合は、会社に駐輪場があるのかを確認し、ある場合は職場の駐輪場の使い方、無い場合には会社の近くに駐輪場を探しましょう。

どの自転車で通勤する?

ある程度のコース下見や準備が整ったら、通勤に使う自転車を選びましょう。
ママチャリでも自転車通勤はできますが、本気で自転車通勤を始めるのであればスポーツバイクを購入するのがおすすめです。
どの自転車を選ぶかは、コースの形状や距離、あなたの好みによっても変わってきますが、悩む場合はまずは普段自分が乗っている自転車で通勤を始めてみましょう。

自転車にはロードバイクやクロスバイク、他にもマウンテンバイクなど様々なモデルがあります。
自分の通勤スタイルに合った自転車を選びましょう。

雨の日や飲み会の日など、自転車に乗れないときの交通手段の確保

雨の日は少し早めに家を出てレインコートなどを着て自転車に乗ることも可能ですが、飲み会などお酒を飲む可能性のある日は自転車通勤を避けましょう。
自転車も軽車両なので、お酒を飲んでの運転や事故は飲酒運転として罰せられる可能性があります。
危険な上に大きな責任問題にもなりかねません。
雨の日や飲み会の日などは、どうやって通勤するのか、対策と代わりになる通勤手段も把握しておきましょう。

自転車保険への加入

自転車も車の仲間です。
人にぶつかり怪我を負わせてしまったり、物を壊してしまうと大きな損害になります。
万一のために、自転車保険に加入しておくことをおすすめします。
また、自転車を盗難されないように、防犯登録や盗難防止対策はしっかりとしておきましょう。

自転車はしっかりと整備しておく

休日などを利用して、通勤に使う自転車はしっかりと整備しておきましょう。

以上の点をあらかじめしっかりと下準備した上で、自転車通勤を楽しくはじめましょう!

このページの先頭へ